女の人

美白化粧品の人気度はランキングでもチェックできる

目元の悩みを解消する

鏡を持つ人

年を取るにつれて、まつげは次第に薄くなっていきます。しかし若くてもアトピーや薬の副作用などで、まつげが抜けてしまうこともあります。短く少ないまつげをカバーするには、つけまつげやエクステなどの方法があります。しかし、こうした方法が毛根にダメージを与え、かえって薄くしてしまう場合もあります。まつげ貧毛症は病気の一種と考えられ、病院で治療することができます。程度が軽ければ生活習慣の指導などが行なわれます。それで効果がないときは、病院だけで処方できる治療薬が用いられます。従来は個人輸入などで入手するしかありませんでしたが、2014年にようやく日本でも認可され、確かな効果が期待できるとして人気があります。

病院へ行くのは確実性の高い方法ですが、時間や手間がかかりますし、自由診療となるため治療費も安くありません。そのため価格の安いジェネリック医薬品を個人輸入する方もいます。手軽に病院と同じ効果を得られる点はメリットですが、偽物を掴まされないよう注意が必要です。最近では市販のまつげ美容液にも、口コミで評価の高い製品が数多く揃っています。治療薬には眼圧低下という副作用がありますが、美容液なら医薬品ではないため、そのような心配はありません。ダメージを受けたまつげに栄養を補給し、修復していくのが特徴で、デリケートな目元の皮膚を傷つけないよう配慮されています。病院へ行くほど重症になる前に、こうした製品でケアするのも良い方法です。